朝マズメが散歩に。

AM4:50です(笑)

本当なら今頃は川岸に立ってる筈ですが、
いざ千歳川に行こうと立ち上がった瞬間、

ベッドに寝てた愛犬君が小走りに現れ、
居間のドアの前でゴロンとお腹を見せて、
ボクはビックリ!

お腹が痛いとか、オシッコがしたいのとか、
思いましたが違うみたい。

玄関の所に行くとまたゴロン!
その時の愛犬君の目が訴えてる気が。

行ったらダメ!と伝えてる気がしました。

何か素直に従う気になっちゃいました(笑)

仕方なく行きたがらない愛犬君と散歩に。

で、帰って来た訳ですが…
単純に行って欲しくなかったのか、

散歩に行きたかったのか、それとも…
何かボクに危険なものを感じたのかは、

わかりませんが…
これで良かったとしましょう(笑)

何とも不思議な愛犬君の行動でした!
お腹空いてしまったなぁ~(^_^;)

コメント

よく読む実話小説の中に同じような話がありました。飼い猫が外出を妨げて、出かけるのが遅れたが、はじめに乗る予定だった電車が事故を起こして、多くの乗客がなくなった、という内容です

何が起きたのかは分かりませんが、良い番犬に守られていると思います

Re:

bukkiさん、もしかすると事故等にあってたかもですね。今日は行かなくて良かったんだと納得してます(^_^)
非公開コメント
ブロとも一覧

AFC BARUKAN Fishing 2016~

四季の北海道トラウト紀行

かなりアマチュアな無線家

フィッシャーマンずバー炉端家のピリオドの向こうへ!
      リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アングラーズケース
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
楽天市場